2011-06-22

墓の下女学園シリーズ 224/ぶち込まれたところは?

午後、新宿付近のハンバーガ屋で.....。

neko22.jpg
「かくかく、しかじかと、いうわけ」
葵は、昼の出来事を、寝子と猫娘に話した。
「ふ~ん、そんな奴ら、殺しちゃえばよかったのに...」
「ちょっと!..どこの世界にも悪いのがいるのね...(ぬらりひょんみたいな)」

寝子はふと、思った。
「でも地上げ屋...たぶんその3人って下っ端よ、親分がいると思うわ」
「うん、そう思って奴らの名刺取ってきたわ」
寝子は名刺を手にとる。
「...八九三不動産株式会社..怪しいわね、この近くね」
「放っておいたら、また別のチンピラが行くと思うの」
「それじゃ、応援呼んで....そろそろ出ようか?あ、あとでシェイク2杯とハンバーガー3個のお金返してよ」
「..まあ雪女郎様から送金明後日だから...」
「ちぇ、まあいいや」
3人は店を出ると物陰に入り猫娘が、携帯でどこかへ電話した。



八九三不動産株式会社事務所....。

kitanaku.jpg

代表取締役兼極道会会長北名九猛毛太三は、イラついていた。

「おい、あの3人は、まだ帰らんのか!電話も寄こさないとは何事だ!」
「へ、へい、何度も電話しておるんですが....」
と子分。
「バカ野郎、お前、行ってみてこい!」
子分が会長室を出て下へ降りていった。 
が!すぐに戻ってきた!
「会長、大変です!殴り込みです!」
「何? どこの組の奴だ!?」
「それが、女というか、小娘です!」
「なんだと?寝ぼけるのもいいかげんにしろ...」

バリバリ、ドッカーン

と、次の瞬間、ドアが破られ、子分どもが投げ込まれた!
どいつも顔にひっかき傷や、まるで猛獣に襲われた様であった。

chinpira2.jpg

数人の少女が入ってきた。

「この小娘ども!」
と北名九は拳銃を懐から出した瞬間、激痛に襲われた。

氷柱で、右手を叩かれたのであった、どうやら骨折したらしい。
小柄な少女が、落ちた拳銃を手に取り、と銃身を、いとも簡単に、ひん曲げてしまった!

「ひ、ば、ばけもの....」

「化け物とは何よ!」

禿頭に、ひっかき傷が....。

「お~い、あんまりおいしくないぞ~~」

となんと若い組員の頭を齧りながら、美少女が、入ってきた。
組員は出血多量で青ざめている。

「ん、もっとまずそうな禿じゃな」

北名九は、恐怖のあまり失神、それ以後は、覚えていなかった.....。




彼が、気が付くと、そこは、どこかのバーの入り口だった。
あたりは薄暗い、場末のビルの中だろうか...。

なんと、子分どもも、転がされていたが、いずれも全裸に
されていた。

「う...ここはどこだ...?」

その時、声が聞こえてきた。

「あら、ママ、お客様よ~~、用意がいいわね、もう裸で、転がっているわ」
「ほんとね~、いらっしゃ~い」

女の着物を着たジジイと厚化粧のタヌキの様な2人であった。
「中に入って~~」

「こ、こら、何をする~~」

上を見ると”Bar いやみ”という看板が!

全員店の中へ入れられ、戸が閉まった。

なんと、そこは色ボケ妖怪”いやみ”の経営する、ゲイバーであった!


iyami.jpg

iyami2.jpg


その後、八九三不動産株式会社は、廃業したという。
風のたよりでは、"Barいやみ"
に新人が多数入ったという.....。





やはり、最後は”変態妖怪”で........
"いやみ”に似ているおやじの写真、見つかりません、困った。
”いやみ”の絵はフリーとします。


スポンサーサイト

テーマ : 自作イラスト(二次創作)
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yukikazetanyo

Author:yukikazetanyo
はっきり言って、へんな妖怪多数出てきます、
”ラブラブ”ではありません。

二次創作作画&SS,旅行,その他気まぐれサイトです。
原作,アニメ,出版社,企業等とは無関係です。

出てくる人物(妖怪?)は、数回登場すると原作などから
かけ離れた性格、能力となります。
また人脈、人間関係、家族構成、恋愛関係(妖怪だけど)も
かけ離れてきています。

しまいには、キタネコと離れた漫画、アニメがコラボというか
混入します。

*何かレス頂ければ、大変ありがたく存じます。
可能な範囲内でリクエスト受けます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード