2011-05-14

墓の下女学園シリーズ 216/やはりぬらりひょんの金庫が破られる

「化石の奴、遅いのう、せしめた金で、またキャバクラでも行っとるのかのう...??」
「もう今日は寝ましょう」
”いい女でも連れてくると思ったのに、イライライラ」

nurashunobonkasekimati.jpg

ぬらり一派は全員寝床へ入り、アジトは、静かになった。

そして翌朝、叫び声が聞こえた。

「なんじゃ、やかましい」
ぬらりひょんは寝ぼけ眼で起きてくる。

「き...金庫が開けられて、昨日までの上納金がなくなってます!」
「何~?!朱の盆! 無いじゃと?!」
「間違いなく締めましたよ~、ドアも窓も..」

そして、一枚のカードが落ちていた。

nekocard.jpg

「悪事で儲けた金は全て頂きました 謎の怪盗姉妹より....くそして寝ろ...」
「なんじゃ、これは?! おのれ!どこのどいつか知らんが....警察を呼べ!!」

運固丸が携帯を取り出した。

「ぬらりひょん様~~、警察が来たら、インチキ宗教、偽薬がバレちゃいますよ~~」
「あ、い、いかん!電話はやめじゃ!」
運固丸はあわてて、切った。




数時間前にさかのぼる。
ぬらりひょんアジトの金庫。
怪しげな3人の姿が有った。

「ばかね~、金庫のすぐ上に番号書いたメモ置いているんだから」
「さっさと行くわよ」

yukizyorocatsie.jpg

寝子、猫娘と意外にも雪女郎の3人であった。

「葵の奴が、寝てなければ...」
「だって、雪女郎様が、奴らを懲らしめたいというから庄内から来たんでしょ?」
「まあ、そうだけど....葵の奴、寝ておって...このレオタード、サイズが合わん、だぶだぶじゃぞ、わたしも
”有る”方なんだが...」
「気にしない、気にしない」

そして翌日以後、騙された老人宅のポストに次々と上納金が投げ込まれていった。
















スポンサーサイト

テーマ : 自作イラスト(二次創作)
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yukikazetanyo

Author:yukikazetanyo
親方人気が出てきていますね。
やはり、昨年末の例の件からでしょうね

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード