2011-03-05

墓の下女学園シリーズ 198/帰郷3

「もう寝るわよ..」
「う~~ん....」

猫娘が考え込んでいる。

nekonedoko.jpg

「どうしたの?」
「変よね...」
「何が?」
「自分の母親を、ぶっ殺した一族のところなんって帰りたいと思う?父親だってそれが原因で病気になって
死んじゃったんでしょ?兄弟力合わせて人間のふりして生きれたんじゃないの?一番上の兄さんとは年離れていたっていうじゃない、普通だったら絶対カタキと生活なんて嫌だと思うけど...??」
「さあ....そのあたりは、個人的事情があるんでしょ」

と、寝子。

「あんた、何か知っている?おなじ東北の妖怪なら?」

座敷童子は、

「それがね~、東北の妖怪ってあんまり自分のこと喋らないから、異族のことは知らないのよ、
最初出会った時”わあ、きれい”と思ったぐらいで、だけど話したら”ずいぶん変わってる”って」
「今から、こっそり資料室忍び込んで見てやろうかしら?」
「無許可で入って、見つかったら氷漬けにされるわよ、最近は”個妖怪保護法”なんて出来ているのよ、
特に異種族のことは、ダメよ、”猫町”のこと異族に知られたら嫌でしょ..」

寝子は、猫族の人一倍強い好奇を懸念していた。
概して猫は好奇心が強い。
実は自分も気になってしょうがないのだが、彼女が本当に忍び込まないかと。
その時、戸が、開いた!

「ゲッ!

そこに立っていたのは........!!




スポンサーサイト

テーマ : 自作イラスト(二次創作)
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yukikazetanyo

Author:yukikazetanyo
はっきり言って、へんな妖怪多数出てきます、
”ラブラブ”ではありません。

二次創作作画&SS,旅行,その他気まぐれサイトです。
原作,アニメ,出版社,企業等とは無関係です。

出てくる人物(妖怪?)は、数回登場すると原作などから
かけ離れた性格、能力となります。
また人脈、人間関係、家族構成、恋愛関係(妖怪だけど)も
かけ離れてきています。

しまいには、キタネコと離れた漫画、アニメがコラボというか
混入します。

*何かレス頂ければ、大変ありがたく存じます。
可能な範囲内でリクエスト受けます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード