2010-12-19

墓の下女学園シリーズ 170/ぬらりひょんの銅像4

最後の猫が飛び降りた。

「さ~てと、脚立かたずけて帰ろう」

銅像は、猫の糞尿で覆われた....。

nuraunko.jpg

それから、数分後、薬が切れ、ようやくぬらりひょんは、その場を逃げることができた。

逃げる途中、彼はふと、思いついた。

「おのえ~、海和尚の奴が、こんなことを考え出したからじゃ....あやつらにも...」

とニタニタ笑い出した。

アジトへたどり着くと....

「わ、ぬらりひょん様、またまた、臭いですね~~」
「ひひひ、これぐらいなんともないわ、いいものが見れたぞ!」
「いいものって何だぞい?」
「まあ風呂に入ってからじゃ!」

風呂から出たぬらりひょん、いっぱいやりながら話す。

「実はのう、あれから、ずっと銅像のふりをしてたら、小娘ども、ちょっといたずらしおったが、
飽きたのか、温泉へ行ってしまったんじゃ、そしたらの...なんと雪女も入っておったんじゃ!」

「どひゃ~~、ばっちりかのう?」
「もちろんじゃ!それでの、明日誰か、わしの変わりに銅像に化けてみるかの?」

一味はじゃんけんをしだした。

”ひひひ、こやつらもアホじゃの、わしを見捨てて逃げた仕返しじゃ!”




そして翌日.....同じ場所に海和尚が立った。

umioshodozo_20101219215831.jpg

”ひひひ、確かに、この位置なら女湯が丸見えじゃぞい.....ぬらりひょん殿も昨日ばっちり雪女の裸を
見れたというし....”

そこへ、また猫娘たちが通った。

「あれ?この銅像、昨日とちょっと違わない?」
”う....気づかれたかのう?”
「気のせいじゃない?」

”ふう...気づかれなかったぞい...?”

しばらくすると温泉の方から集団の声が聞こえてきた。

”ひひひ、営業開始だぞい!ひひひひ、あわよくば雪女の....”

聞き覚えのある寝子の声がした。

「みなさん、こっちですよ~」

”雪女ではないな、美猫か、まあええ.....”
「うわっ!」

なんと集団で入ってきたのは、砂かけばばあを先頭に、吹消しばばあ、納戸ばばあ、団子ばばあ、
舌長ばばあ、柳ばばあら、老婆妖怪の集団であった。
寝子は、脱衣所にいたが、服を着たままである!

「すまないね~~」
「ほんと、寝子はやさしいね」

どうやら寝子が老人グループを案内してきたらしい.........。

歯ぎしりする海和尚!

それを木陰から猫娘と葵、ろく子が見ていた。

「キキキ、ざまあみろ!」
「おばあさんたちに招待券渡しておいてよかったね!」
「さて、これから、あの糞坊主、どうしてやろうか?また気づかないふりして...」
「もうすぐ、亀ちゃんが、ジニアーと道具持ってくるわよ」

やがて亀姫とジニアーがやってきた。
手にバケツとデッキブラシを持っている。

umioshodettikiburash.jpg

亀姫。
「われらで、この銅像だか仏さんだか、わからんが、清めてしんぜよう」
と手にしたデッキブラシとバケツには大きく”トイレ用”と書かれている。
「顔のあたり、よくこすってやるといいわ」






冷えますね~~ ”snow tears"聞きながら書きました。
だんだん、美少女妖怪軍団、どぎついことをやる様になってきましたね~~
苦情来ないかヒヤヒヤです
スポンサーサイト

テーマ : 自作イラスト(二次創作)
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yukikazetanyo

Author:yukikazetanyo
はっきり言って、へんな妖怪多数出てきます、
”ラブラブ”ではありません。

二次創作作画&SS,旅行,その他気まぐれサイトです。
原作,アニメ,出版社,企業等とは無関係です。

出てくる人物(妖怪?)は、数回登場すると原作などから
かけ離れた性格、能力となります。
また人脈、人間関係、家族構成、恋愛関係(妖怪だけど)も
かけ離れてきています。

しまいには、キタネコと離れた漫画、アニメがコラボというか
混入します。

*何かレス頂ければ、大変ありがたく存じます。
可能な範囲内でリクエスト受けます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード